蔵やしき BLOG
2013年09月11日(水)

家紋

 

 

 

 
 

 
 む。む。むずかしすぎて 

一族みんな手こずる紋様で、はい。

墓を新調するにしても、着物を作るにしても、
当時、業者さんみんな、手間取っていたな。

2013年09月11日(水)

おすすめ散策コース 見えるは越後三国かな

おすすめの散策コースです。

場所は、猿ヶ京の上かみ、民宿通りの左下の農道です。

 
 

 

『禾乃実る こくものみのる』

稲刈りももうすぐなんでしょうね。

『実るほど 頭を垂れる 稲穂かな』

 

下の3枚の写真の畑のオーナー

畑の上の、蔵がある綺麗に手入れされた庭で

一番目に留まるお家ですが

魅力的な梅干しを作ります。おいしーん~

 

 

手前殆ど大豆です。自家製味噌用だそうです。

大豆も、なにやら聞いたことが無い量を作っているそうで

1石いちこく*作ってる、と。
*1石は下位単位では10斗にあたり、同じく100升、1,000合に相当

 

娘さんがネット販売してる、って聞きました。

2013年09月11日(水)

湖城閣通り 改め 宮野城通り

 

宿の前から、国道17号線猿ヶ京信号方面を撮りました。

関所跡 健在です。

その後ろの白いビルが年内にも取り壊される見通しが立ったとか・・・
でも、この期に及んでみみっちい 中を開けたら利権がらみが手続きを遅らせていて・・・

でも楽しみですね。その時は。

180度景観も変わりますね。

風の向きも変わるでしょう。

 
ついでに、山水楼跡地も何かムーヴメントしませんか (・∀・)

(農耕馬の整った慰霊碑とかー)
(↑を含む地元民の癒やしの公園とかー)
(縁結びの滝に通じる安全で明るい道路へのコネクトとかー)
(かなり伸びきった杉林を切らせてもらうと、その向こうは雪を頂く谷川連峰だったとかー)
(長年の道路っ端の生活から脱出したら・・・!こんなに静かで広い敷地で、神明神社と兄弟の、もみの木や、朴の木の大木に囲まれたゆったりした生活があるのだがな。。。という方、そうです!  交換しましょう待ってました! 好条件でお取り替え)

 

母屋:前横丁と蔵の間にある
この2つの木は、ここいら(この辺り周辺)でも会長級の重鎮です。

 
 
お話は
また後で・・・
 

2013年09月11日(水)

このーき なんのき きになるき

 

宿の隣、「みんなの炭焼き小屋」がある場所です。

この大きな木は、楢の木(どんぐり)です。

成長の早い木ですが、100年は経っています。

その左隣は山栗の木です。

日差しを受けようと、このような姿になったのでしょうね。

樹齢は、楢の木よりも古いんですよ。

むか~しから、ここにいた先住民(木々)達です。

ここに立って見上げると、今にもリスちゃん達が元気よく木を駆け上がる足音が聞こえてくる気がします。

当時生きていた鳥や、リスちゃん達からのギフトです。

命のリレーですね。

 
 
大毛蓼オオケタデ

色鮮やかに今年はしっかり咲きました。

「花は そこにあるから 美しい」
 

2013年09月07日(土)

季節の果実酒 特別編

 

屋敷内に自生している

「またたび」を摘み

果実酒にしました。

その味わいは・・・

実は

琥珀色の20年物を飲みながら

このブログを書いているのですが

他の一般的なレパートリーと比較して

やはり別格といえるでしょう。

あの、「スッ」とするまたたびの独特の香りは

20年経ってさらに気品高い芳香を放っています。

渋みもちょうど良く重なり

まさに

蔵やしきのお客様におすすめしたい逸品です。

20年前、みなさんは
何をなさっていましたか?

*木天蓼
初夏、梅に似た白い五弁花を開くマタタビ科のつる性落葉低木。
長楕円だえん形で先のとがった果実は塩漬けや果実酒用。
漢方では虫こぶのある果実を薬用にする。
ネコ類を酩酊めいてい状態に導くマタタビラクトンを含有する。

またたび

又旅

縁起物ですネ!
 

2013年08月25日(日)

2013年 赤谷湖上花火大会 後記

 

 

 

 

 

 

 

 

昨晩の、
恒例 赤谷湖上花火大会の様子を宿正面から撮りました。

前日は、土嚢を積むほどの雨で少し不安でしたが

当日は晴れて風もある、という絶好の天候に恵まれました。

欲を言えば、
湖の水位が夏場の低水位にしても今年は低く感じられましたので
もう少し水かさがあれば、お部屋でご覧になったお客様も、目の真ん前で炸裂する閃光がまぶしいということも・・・

とまあ、フツーの花火観覧の感覚からかなり離れた感想を持った方もいらしたでしょうね。

来年は、
どうぞ玄関の向こう側で、お部屋で、ゆっくりと、
ものすごい地響きと共に・・・全景を見にいらしてくださいませ。

2013年08月20日(火)

久しぶりの池坊巡回講座

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

あざやかで優雅かつ意思を感じる赤柳の流れが新鮮でした。

青楓の清々しさ

テーマ:水面を渡る風 の涼感

自分のなかにある想い出を花に託す楽しさ 自由化を身近に

脳といけばなの関係では・・・
手先を使い、美を感じる、決断(枝振りを見極め鋏をいれる)の連続
型を繰り返し、心を整える(神社に行って手をあわせる時の気持ち)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
茶の湯が一種のトランス状態ならば、華道はフロー状態ということです。

稽古中に確かにハマっていた、『ZONE』の快感
真の礼で終えた時の満足感
日々、体験させてもらいました
ブランクもあり、感慨深い思いでいっぱいです。。。
 

2013年08月15日(木)

お土産付きプラン

HOT 蔵やしき ならではの、お土産付きのプランもおすすめします。

JTB公式ホームページで販売しております。

 

自家製味噌や元気はつらつ地鶏のゆで玉子・自家精米の米・漬け物

そして、
当館の隣にある「みんなの炭焼き小屋」生産の炭等々です!あげー

 
 
日替わりなので、どうぞお楽しみに!

そして・・・

昨年好評だったという、群馬県内のお宿がサンリオと企画した

コラボレーションのうちわ「キティちゃんうちわ」があります。

今年は、蔵やしきもオーダー。

「かわいい!はーと。 」と評判です。
 
  
 
こちらは、プラン以外でも差し上げております。無くなり次第終了~

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆

猿ヶ京温泉 蔵やしき 野の花畑

群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉107

TEL:0278-66-0641

URL http://www.kurayashiki.co.jp/

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆

2013年08月13日(火)

水浴び

 
ふぅーやれやれ
今朝は、なぜだかとっても過ごしやすかったけど、やっぱあとぅい。
まだまだセミさんは、いっぱい鳴きたいよねー
あっついあっつい

 

 
行ったり来たり。入りたいナ。でも、足が着かなくて怖いな。

 

でもクチコミだと、ココは代々、私たち野鳥のオアシスなんだよねー

 

俗に言う「穴場」だに。

 
ほらほら、こうしてすぐに飛び上がれば大丈夫大丈夫ー

 
・・・。

 
上手でしょー?

 
うーん・・・まごまご。ふみゅぅー(・Θ・;)

 
早く泳ぎなよー

 
先に行ってるぞー

 
すぐ、足元までおりてきましたよ

今朝のチェックアウト後のロビー前の庭

暑いのにサッシのすぐそばで

山鳩のカップルの1羽が、片方の羽をずらして、じっとうずくまっていました・・・?

もう1羽の方が、それを心配している風にも見えました。

とりあえずカメラを取りに
(そうだ あのブログにリンクリンク

さっきは、水浴びをした羽を乾かしていたのですね。
また、水浴びを始めましたのでパチリペーパー

汗 ダラッダラ)

ね!(^_-)☆  仲がとってもイイでしょ
http://ameblo.jp/mz54/day-20130602.html

2013年08月10日(土)

乗馬体験のすすめ

 
 ホースウェディングでおめかしして新郎新婦をエスコート 

 500㌔超えのおとなしい友です

これを機会にはじめてみませんか?乗馬

関越道赤城IC下車して20分ほどで到着

準備もあるので、最低でも予約時間の40分前には到着していただくとよろしいかと思います

ストレッチパンツ・手袋(軍手)
*ヘルメットとブーツはレンタルがあります

火曜日はお休みです

 詳しくは、こちらをご覧ください
群馬県馬事公苑

おすすめプラン

TOPに戻る