蔵やしき BLOG
2018年12月28日(金)

たくみの里わらアートが猿ヶ京温泉へ湯治にお出かけ

平成29年度の<ワライノシシ>展示から始まった「たくみの里わらアート」の取り組みは、

平成30年度には「みなかみユネスコエコパーク」の象徴である<イヌワシ>、たくみの里の周遊馬車を模した<馬>などが新たに制作され、NPO法人わらアートJAPAN様からの寄贈作品も含めて、たくみの里内に合計8体の展示が行われました。

多くのメディアに取り上げられ、来年2019年の干支「亥」ということもあり、<ワラシシ親子>が人気の撮影スポットになるなど、多くのお客様がご来場されました。
たくみの里での展示は11月末で終了いたしましたが、お客様からのお問い合わせやご要望が多く、この度、わらアートたちが、猿ヶ京温泉へ“湯治”に出掛けることになりました。

猿ヶ京温泉の入口にあり、赤谷湖が見渡せる猿ヶ京関所跡の特設スペースにて、

たくみの里で大活躍したわらアートたちが、冬の間、春の訪れを待ちながら猿ヶ京温泉に移動して、疲れを癒す様子をぜひご覧ください!

 

 

1. 日   時   平成30年12月28日(金)~平成31年3月末予定
2. 場   所   猿ヶ京関所跡 特設展示スペース
〒379-1403
群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉1144番地
3. 内   容
平成30年にたくみの里で展示されたわらアート作品の内7体
釈迦如来像、獅子(文殊菩薩)、ゾウ(勢至菩薩)、
馬、イヌワシ、SL-D51、子イノシシ
※子イノシシのみ、2019年1月7日以降に展示予定
※夜はライトアップし、わらアートを照らします 午後6時から9時

4. 入 場 料   無料

5. 主   催
協力:みなかみ町、みなかみ町観光協会、みなかみ農村公園公社、猿ヶ京区
主催:猿ヶ京温泉やど倶楽部

6. 問い合わせ先  TEL.0278-66-0186(猿ヶ京温泉やど倶楽部)

 

 

2018年11月06日(火)

猿ヶ京 紅葉

 

対岸から蔵やしきを望む

2018年11月04日(日)

コキアでほうき作り

 

伊賀野の花畑にて

小菊を愛でながら、

コキア(ほうき草)で、様々なサイズの民芸風のほうき作りに挑戦しました。

2018年09月28日(金)

たくみの里観光情報 その3

みなさまこんにちは!

みなかみ町猿ヶ京温泉 蔵やしきでございます。

長雨の中休みとも言うべき本日は、爽やかな風の吹くとてもいいお天気に恵まれています。

たくみの里観光情報第3弾の今回は風情ある佇まいの「泰寧寺」です。

写真は群馬県指定重要文化財にも指定されている山門と竹林、山門へ向かう小橋です。

鎌倉時代の開山が始まりとされる曹洞宗の歴史あるお寺で、

梅雨時期のあじさいと蛍が多く見られる場所として人気のスポットになっています。

これからの時期は周囲の紅葉も進みとても落ち着いた時間をお過ごしいただけるのでは。

猿ヶ京、たくみの里へお越しの際は是非立ち寄ってみてくださいね。

ご宿泊のご用命は秋の味覚満載のこだわり料理が堪能できる蔵やしきへ是非どうぞ!

赤谷湖のさざ波聞く静かな湖畔でおまちしております。

2018年09月19日(水)

たくみの里観光情報 その2

みなさまこんにちは!

みなかみ町猿ヶ京温泉 蔵やしきでございます。

日中気温が上がる日もありますが、すっかり秋めいてきましたね。

ここ猿ヶ京も朝晩は15℃前後までさがり先日までの猛暑が嘘の様です。

たくみの里観光情報その2と題し、今回ご紹介するのは

[otawaya cafe] さんです。

道の駅たくみの里にほど近いこちらのお店は、地元素材のフルーツを使った

オリジナルのスイーツやこだわりのランチ&ディナーが楽しめる一押しのお店です。

ディナータイムには種類豊富なカクテルを始めお酒も楽しめちゃうこちらのお店ですが

やはり気持ちいいのは緑いっぱいの農村風景と高原の風を感じながらのティータイム!

手作りのスイーツと共にゆっくりとした時間を楽しめますよ。

詳しくは「otowaya cafe」さんのHPをご覧ください。↓

http://otowayacafe.com/

今年も待ちに待った行楽シーズン到来!ご予定はお決まりですか?

自家菜園野菜とゆっくり露天風呂が楽しめる猿ヶ京温泉 蔵やしきへ是非お越しくださいませ!

赤谷湖のさざ波聞く静かな湖畔でおまちしております。

プラン検索・ご予約はコチラから→https://www3.yadosys.com/reserve/ja/plan/list/002/hfffdagldffkhcdefhhbgldn/all

 

2018年09月03日(月)

みなかみ町 観光情報 たくみの里

みなさまこんにちは!

みなかみ町猿ヶ京温泉蔵やしきでございます。

このところ朝晩の気温が下がり始め、ほんの少しずつではありますが、

近づく「秋」を感じられるようになりました。

いろんな秋有れど、「行楽の秋」ということで今回は

みなかみ町の人気観光エリア「たくみの里」をご紹介します。

http://takuminosato.jp/

たくみの里は、標高は500~600m、面積は330ヘクタール須川・笠原・谷地・東峰の4集落からなる

須川平(すかわだいら)にあります。

旧三国街道の宿場、須川宿として予てより人々の往来を見守ってきたこの土地で

昔ながらの手法をそのままに、木工、竹細工、和紙などの様々な手作り体験ができる

近年とても人気の観光スポットになっています。

また、道の駅たくみの里豊楽館をはじめ農作物の販売や農園でのお買い物、

それぞれに個性のあるCAFEやお食事処でランチ&カフェタイム、などなど

一日ゆっくりと田舎時間を過ごす事がができますよ!

詳細はたくみの里のHPをご覧くださいませ。

お勧めのお店等々のご紹介は、又次の機会をお楽しみに!

ご宿泊はもちろん、自家栽培野菜とこだわりの温泉を堪能いただける

私共 蔵やしきをご用命くださいませ。

赤谷湖のさざ波聞く静かな湖畔でおまちしております。

 

 

2018年07月03日(火)

みなかみ町 初夏の観光情報

 

猿ヶ京温泉 蔵やしきよりこの季節の観光情報をお届けしてまいります。

 

早速ですが、私共蔵やしきが位置するみなかみ町は群馬新潟の県境にあり、

標高も高いことから古くからウインタースポーツが盛んな地域です。夏場のアクティビティ

といえばかつては「登山」「ハイキング」といったいわゆる山歩きが主流でした。

しかしながら近年ではラフティングなどに代表される、川遊びの聖地として

多くのお客様に訪れて頂けるようになりました。

遊びといえば、忘れてならないのがやはりゴルフですね!中でも私ども蔵やしき最寄りの

月夜野インターチェンジをおりて十数分の群馬カントリークラブがおすすめ!

 

※画像はイメージです。

 

抜群のアクセスと何より爽やかな高原の風の中でのプレーをご堪能いただけますよ。

先日ご宿泊いただいた都内のグループのお客様もご到着日、ご出発日ともに存分にプレーを楽まれたご様子で、

「ゴルフの後の温泉は最高だね!食事も最高!また企画するよ!」と大変喜んでいただきました。

皆様も夏のアクティビティの後には、蔵やしき自慢の源泉独自ブレンドのかけ流し温泉をぜひともお楽しみくださいませ。

 

赤谷湖のさざ波聞く静かな湖畔でお待ちしております。

 

 

 

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆

政府登録国際観光旅館

猿ヶ京温泉 蔵やしき 野の花畑

群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉107

TEL:0278-66-0641

URL http://www.kurayashiki.co.jp/

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆

2017年10月20日(金)

苗場ドラゴンドラ 新緑編

今年5月の新緑期間に再度訪れた時の様子です。

残雪がございました。

 

現在は、11月5日(日)まで紅葉散歩が運行中です。

苗場プリンスホテルさんのフェイスブックでお天気の様子もリアルタイムでご覧になれるかとおもいます。

 

         

 

 

 

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆

政府登録国際観光旅館

猿ヶ京温泉 蔵やしき 野の花畑

群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉107

TEL:0278-66-0641

URL http://www.kurayashiki.co.jp/

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆

2017年10月17日(火)

照葉峡と奥利根水源の森

紅葉シーズン真っ只中!

と言うには、今年は雨続きの毎日でした。

ですが、今日は晴れるとの予報で急遽予定に割り入れ飛び出していきました。

 

もう10数年前になってしまったのでしょうか、

当時はひとりであの様な奥地まで何度か、ネッツト〇タさんの主催するブナの植樹や、

雪降る中、携帯の電波も届かぬようになり、「遠いなー」と思いながら

初めての宝台樹スキー場でのパウダースノウの体験に感動したりした記憶をたどりながらのドライヴでした。

 

照葉峡の沢にて

 

水源の森に入っていくのは、今回迷いましたが前回も同じような車種だったので大丈夫だろうと。

意を決して入っていきましたが、道路に出るまでとても不安と緊張の連続でした。

自分が植えたブナに想いを馳せ、

多分もうこのエリアは今回で最後の訪問かなと感じました。

 

雄大な自然。

猿ヶ京よりも、ずっとずっと雪深い深山に住む人達も含めて、畏敬の念を抱かずには居られません。

 

2017年08月01日(火)

摘み取り 始まりました

平成元年にラベンダーに着目し準備を開始

平成7年に、たんばらラベンダーパークはオープンしました。

 

 

 

行きはのんびりリフトに乗って、帰りは徒歩

標高1350M 一番上までのぼり、あの鐘を鳴らすのは、あなた です

TOKYOとマイナス10度の涼しい世界

雨が降ってもレンタル傘の用意がありますので持ち込みは不要です

 

みつばち ブンブン

 

受付のおじさん:「満足するまで摘み取れましたか?」

 

おまけに ひまわりをくださって

 

お盆の頃、ひまわりが満開になるとおもいます

 

 

 

 

おすすめプラン

TOPに戻る