蔵やしき BLOG
未分類|2019年10月24日(木)

群馬は知る人ぞ知るりんごの産地

みなさまこんにちは。みなかみ町猿ヶ京温泉 蔵やしきでございます。

今年の秋は暖かい日が多く、紅葉もゆっくり進んでいる様子です。

 

今回はりんごのお話をさせて頂きます。

群馬のりんごの生産量は、関東では最大の産地です。

その群馬の一押しりんごは『ぐんま名月』です!!

10月下旬から11月上旬に収穫されており、毎年早い時期から予約が入り、

収穫時期には売り切れてしまう程の人気のりんごです。

別名『幻の黄色いりんご』とも呼ばれています。

この『ぐんま名月』の大きな特徴は、他を圧倒する密の多さです。

ジューシーで甘味が強く、酸味が少なく、果実は大玉で食味も肉質も極めて良好です。

全体的に黄色く上品な赤みが差す個性的な色合いをしています。

 

蔵やしきがありますみなかみ町は、昼夜の温度差が大きい土地柄です。

そのため、果物は夜間にじっくりと糖度を蓄えることから甘味のあるりんごが育つのです。

 

猿ヶ京温泉 蔵やしきの周辺には、りんご園がたくさんあります。

月夜野IC降りてすぐなので、気軽にりんご狩りが楽しめます。

是非、足を運んで下さい。

今年はりんごを使ったお料理にチャレンジしようかと考えております!

 

群馬の魅力ある温泉・紅葉とともにお楽しみください。

おすすめプラン

TOPに戻る