蔵やしき BLOG
周辺観光|2017年10月17日(火)

照葉峡と奥利根水源の森

紅葉シーズン真っ只中!

と言うには、今年は雨続きの毎日でした。

ですが、今日は晴れるとの予報で急遽予定に割り入れ飛び出していきました。

 

もう10数年前になってしまったのでしょうか、

当時はひとりであの様な奥地まで何度か、ネッツト〇タさんの主催するブナの植樹や、

雪降る中、携帯の電波も届かぬようになり、「遠いなー」と思いながら

初めての宝台樹スキー場でのパウダースノウの体験に感動したりした記憶をたどりながらのドライヴでした。

 

照葉峡の沢にて

 

水源の森に入っていくのは、今回迷いましたが前回も同じような車種だったので大丈夫だろうと。

意を決して入っていきましたが、道路に出るまでとても不安と緊張の連続でした。

自分が植えたブナに想いを馳せ、

多分もうこのエリアは今回で最後の訪問かなと感じました。

 

雄大な自然。

猿ヶ京よりも、ずっとずっと雪深い深山に住む人達も含めて、畏敬の念を抱かずには居られません。

 

おすすめプラン

TOPに戻る