蔵やしき BLOG
周辺観光|2015年03月23日(月)

猿ヶ京 歴史・写真展 後記

行ってまいりました(・∀・)
「猿ヶ京温泉の誕生60周年を記念」のプレ企画
さい先の良い内容でございました
http://ameblo.jp/mz54/entry-12001512216.html

一番関心を引いたのが、な・なんと!\(゜□゜)/
湖底の集落と赤谷ダム造成の当時の映像が観られるコーナーでした。
この映像は、今後コピーをして周知してくれるそうです!

左奥がR17にかかる橋
つまり、「蔵やしきからみた景色」ですドゥワー
素晴らしい!!
美しすぎて泣けてきた。゚(T^T)゚。
あーなんだか帰りたいその頃に。あの、あぜ道を歩いてみたい。
若い子がちょっと興奮気味に、大人が見向きもしないレトロものや風景に関心を持つのは、
こういった心情なのカモ・・・というのがわかった。
タイムスリップ*1したい。
 

関所に鎮座していた 「しだれ桜」

 
この子孫が、
現在は「宮野城通り*2」に面した、蔵やしきの敷地内で元気に大きくなっています。
 

古いビルの取り壊しが終わり、
「関所跡」がすっかりきれいになりました。
茅葺きの関所の家屋が生き生きとしており きらきら。 きらきら。  猿ヶ京ではないような気さえいたしますきらきら
関連記事 テーマ:「ふるさと再発見」 
 

この、観光面での一等地が何に変わるのかはわかりませんが、
何をおいても地元民が憩える場所であってほしいですね
このしだれ桜の木、住民が特にこだわらなければ寄贈してもいいかな。

*2
宮野城通り
と、書くことにまだこだわっておりますのは、大昔、ここは「宮野」と呼ばれていて
そういう名前の城があったからです。
今は、そういった歴史認識も、
『猿ヶ京』という「キーワード」で一括り路線となっているそうですハァソウデスカ
 

舗装前のR17を新潟方面から撮る
左の木があったところが、「猿ヶ京関所」
最後列の人から、もう少しこちらになった辺りに、現在の「猿ヶ京信号」があります。

右側3本の木、一番奥辺りに、共同の「水汲み場」があったそうです。
生前、ちょっとお嬢様育ちで嫁に来た祖母が、
桶を担いで、この水汲みに毎日通った苦労話を聞かされましたっけ。

「猿ヶ京のおぎょん」
「まんど」が見えますね祭
関所跡の隣、左の民家は、現在の「はしば」さん
 
 
湖に沈んだ、「生井なまい小学校」
 
 
私の祖父 迪すすみ が、赤谷湖造成の対策委員の中心となって奔走

さようなら さようなら 明るい未来に向かって
 
 

 
 
当時としては、どえらい規模の工事だったのですね

 
 
腹に響いた 太鼓の音
○彦さん、終わる度、ヒーハー
司会進行のマイクからバチに変え神楽を踊り、
ご苦労様、いや、役者です。
子供達も上手~驚
 
 
太々神楽 始まったどん
 
 
いいねぇ、神楽器の音色は
(抽選にははずれた 一度行ーってみたいな、皇居内での雅楽鑑賞♪)

「投げ餅・お菓子」を楽しみにしていた子供達わーい
いつの時代も、それが楽しみわーいわーい
大のおとなだって飛んでくれば、思わず乗り出すもんケラケラ

(・・・っと、会場での3枚画像、動画モードで撮ったんだけどな。アメブロでも掲載可能なはずじゃ??一手間抜けてるのかいな?)
 

*1
タイムスリップしたい

そうだ 辺り一面 昔風に戻していけばいいんだ

 

そういった前提の街作り

 

なつかしい風景を再現するんだ

 

古いお人 諸先輩が生きている内に

 

それと
明るい街灯 防犯カメラ
 

おすすめプラン

TOPに戻る