蔵やしき BLOG
未分類|2015年03月10日(火)

千の証言スペシャル 私の街も戦場だった

昨晩 ご覧になりましたでしょうか?
http://bushoojapan.com/book/tvprogram/2015/03/09/44542

“機銃掃射”で検索

“ガンカメラ”
米軍機のミサイル発射口に取り付けて、米軍兵士の仕事ぶりを監視するものだったそうです。

せいぜい、ヒロシマの原爆位しか浅知識にありませんでした。

映像は日本各地の日本軍のポイント地点を狙った、
低空飛行からのミサイル発射攻撃映像でした。

低空で飛ぶ飛行機の下を
時に逃げ惑う人影をそのフィルムは残しており、その
初公開の当時の生のカラー映像には息をのむばかりでした。

この日米2国間の当の人達、
もう90歳近い人達の発言は、互いが同じ認識でありました。

「勝っても、負けても どちらも互いに大切なものを失い悲しみに包まれた」
相手国に対し、これ以上でも以下でもありません。

民間人の乗った中央線列車を誤射してしまった兵士が、
本国にいる妻子に向けて
硫黄島から送った数百の手紙の中に当然、遺書もしたためてありました。

君にはもう十分伝えたよね・・・
日本
という国土の美しさ
田畑がどこまでも広がり 朱赤の神社が建っている 


というくだりの紹介がありました。

厳然たる事実に対して、
「許し」の他になにがあるというのでしょうか・・・

戦後、70年目ですが、

死ぬまで背負う心と肉体の痛み
生き地獄を味わったお人の話が聞けたこと

何気ない日々の平和というものを、今日は
全くちがう方向から、より深く教えられた気がいたしました。

おすすめプラン

TOPに戻る