蔵やしき BLOG
ぐんま地産地消推進優良店|2013年09月07日(土)

季節の果実酒 特別編

 

屋敷内に自生している

「またたび」を摘み

果実酒にしました。

その味わいは・・・

実は

琥珀色の20年物を飲みながら

このブログを書いているのですが

他の一般的なレパートリーと比較して

やはり別格といえるでしょう。

あの、「スッ」とするまたたびの独特の香りは

20年経ってさらに気品高い芳香を放っています。

渋みもちょうど良く重なり

まさに

蔵やしきのお客様におすすめしたい逸品です。

20年前、みなさんは
何をなさっていましたか?

*木天蓼
初夏、梅に似た白い五弁花を開くマタタビ科のつる性落葉低木。
長楕円だえん形で先のとがった果実は塩漬けや果実酒用。
漢方では虫こぶのある果実を薬用にする。
ネコ類を酩酊めいてい状態に導くマタタビラクトンを含有する。

またたび

又旅

縁起物ですネ!
 

おすすめプラン

TOPに戻る