蔵やしき BLOG
2013年09月29日(日)

苗場ドラゴンドラ

オフィシャルサイトにて詳細を挙げてありますので
ご覧いただければと存じます。
三国峠を越えて午前中に行かれるのでしたら、
当館へお立ち寄りください。割引券がございます。

鉄柱のてっぺんでは、鷹熊鷹がちょうど羽を休めていて、
その勇姿が間近で見られ、大興奮興奮
彼らが支配する何百メートルも上空の世界を共有出来た一瞬でした。
頂上は、別世界です。羽織るものを忘れずに。
なるべくでしたら
午前中に登り、ゆっくりお昼をとって
日頃出来ないお話を。
午後3時には下山となります。

    

    

    

    
 
    

   
 
   
 
 
 

 ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆

猿ヶ京温泉 蔵やしき 野の花畑

群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉107

TEL:0278-66-0641 (8:45-20:30)

URL http://www.kurayashiki.co.jp/

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆ 

2013年09月28日(土)

相聞歌

「五線紙にのりさうだなと聞いてゐる遠い電話に弾むきみの声」。

早世した歌人、小野茂樹が残した一首だ。
夜更けの通話だろうか。公衆電話からだろうか。
受話器から恋人の声が音楽になって流れ、耳をくすぐる。
自身の甘酸っぱい記憶がよみがえる人もおられよう。

こういう相聞歌が生まれるほどに、
電話というものには互いの息遣いまで伝えてくれる力がある。
しかし昨今はそんな機会がだいぶ減ったかもしれない。
携帯電話利用者の音声通話離れが進み、
NTTドコモの場合は1回線当たりの月間平均通話時間は109分という。
10年前より53分も短くなった。1日に3分半である。

原因はもちろん、電子メールやLINEなど通信アプリの普及だ。
恋のささやきも取引先との商談も家族への連絡も、
いまや何だって文字で返してしまう。
外国に比べても日本人はどんどん「話さない国民」になっているという。
かつてない書き言葉の隆盛ではあるが、やはりじれったい、ちょっと味気ない。

ネットの言葉はしばしば攻撃的になり、誤解を生む。
メールもそういう傾向を帯びやすいから用心したいものだ。
いつもとんがったメールをよこす人が、話してみたら意外にも心地よい語り口だった、ということもある。
絵文字、顔文字の感情表現も悪くないけれど、
「五線紙にのりさう」な弾む声にはなかなか敵うまい。

2013.9.2 日本経済新聞 春秋 より

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

仕事的には電話が早いなーとおもいます。相手の声色で大体わかるし。
ブログでの装飾の利用は、まだ1年生です。みんなの絵文字や顔文字の意味、笑えます(*^o^*)
今までは、ちんぷんかんぷん。今でも多用は(-“”-;) ですが。

2013年09月11日(水)

三国街道 当時の道の高さです

猿ヶ京の信号辺りから

国道17号線と

こういった古い家屋が残る一段低い旧道を比較するのも

おもしろいかもしれません。

 

 

この、宮野城通りはその名のごとく
この道の行き止まりに昔、
お城がありました。
上杉謙信も出兵時に、出城として利用したそうです。

 

そして・・・

朝日を浴びて
この2つの木々は緑を絶やしません。
もう何百年ここにいるのですか?

・・・後から来たくせに
建物や高圧線が、我が物顔して邪魔ですね・・・

 

長老です。
柿の木と、もう1本は檜葉ヒバ(和名:ヒノキアスナロ)
猿ヶ京の歴史を
みんな見てきたんですね。

 

毎年、立派に
柿を実らせる
その生命力に脱帽

 

でも、近年
幹に空洞が目立ってきて・・・

 

光に向かって

生きて!

私たちよりもまだ永く。

 

2013年09月11日(水)

そば畑

知人に貸しています。

耕すのは、私のおじさんですが。

この方は、東京でお店を開いていて

この前、アド街ック天国で紹介されてました(^ε^)♪

 

昨年の年越し蕎麦は、この方が

ロビーで打ってくれた蕎麦を、お客様も召し上がりました

 

可憐な花は、蔵やしきの料理の演出に

一役も二役もかってでています。

この辺では、まだめずらしいですしね。

食べても美味ですよそりゃぁ。

 

 

つい最近では、この畑のスグ近くの温泉日帰り施設

「まんてん星の湯」で手打ち蕎麦をふるまわれました。

地域貢献です

 

そばの種まきと実の収穫は二月と十日を要します。

来月上旬には、収穫の時期を迎えます

2013年09月11日(水)

神明神社 時々猿め・・・

ひぃーひぃー、階段キツいぜよ(;^_^A
(早朝ウォーキングのついでだからと、付け加えたいが・・・)

 

ここ前横町の曾おじいちゃんが
当時の中心メンバー3軒の内の1軒として
この神社の造営に関わりました。

 

こちらは、後期
猿ヶ京のみなさんが寄付・協力した時の記念碑として
名入りで周囲を囲っています。

 
 

菊ジャン!JPN(3文字国名コード)

 
 

お祭りの時の投げ餅は、左側のお堂で舞をしながら投げるのですが
そのタイミングが、ひどくじれったかったことと
拾う大人が殺気立っていて怖く圧倒された想い出w

 

ピィーヒャララァ~太鼓 笛

 

シー~ン。。。。。きょろきょろ きょろきょろ ……。

 

場所は、宿から徒歩5分程です。

鳥居は2カ所有り。

明神鳥居国道沿いからと、

神社 猿ヶ京信号を曲がって服 さかえや洋品店さんを左へ
もしくは、もう少し先の饅頭 新月饅頭さんを左です。

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆

猿ヶ京温泉 蔵やしき 野の花畑

群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉107

TEL:0278-66-0641

URL http://www.kurayashiki.co.jp/

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆

2013年09月11日(水)

家紋

 

 

 

 
 

 
 む。む。むずかしすぎて 

一族みんな手こずる紋様で、はい。

墓を新調するにしても、着物を作るにしても、
当時、業者さんみんな、手間取っていたな。

2013年09月11日(水)

おすすめ散策コース 見えるは越後三国かな

おすすめの散策コースです。

場所は、猿ヶ京の上かみ、民宿通りの左下の農道です。

 
 

 

『禾乃実る こくものみのる』

稲刈りももうすぐなんでしょうね。

『実るほど 頭を垂れる 稲穂かな』

 

下の3枚の写真の畑のオーナー

畑の上の、蔵がある綺麗に手入れされた庭で

一番目に留まるお家ですが

魅力的な梅干しを作ります。おいしーん~

 

 

手前殆ど大豆です。自家製味噌用だそうです。

大豆も、なにやら聞いたことが無い量を作っているそうで

1石いちこく*作ってる、と。
*1石は下位単位では10斗にあたり、同じく100升、1,000合に相当

 

娘さんがネット販売してる、って聞きました。

2013年09月11日(水)

湖城閣通り 改め 宮野城通り

 

宿の前から、国道17号線猿ヶ京信号方面を撮りました。

関所跡 健在です。

その後ろの白いビルが年内にも取り壊される見通しが立ったとか・・・
でも、この期に及んでみみっちい 中を開けたら利権がらみが手続きを遅らせていて・・・

でも楽しみですね。その時は。

180度景観も変わりますね。

風の向きも変わるでしょう。

 
ついでに、山水楼跡地も何かムーヴメントしませんか (・∀・)

(農耕馬の整った慰霊碑とかー)
(↑を含む地元民の癒やしの公園とかー)
(縁結びの滝に通じる安全で明るい道路へのコネクトとかー)
(かなり伸びきった杉林を切らせてもらうと、その向こうは雪を頂く谷川連峰だったとかー)
(長年の道路っ端の生活から脱出したら・・・!こんなに静かで広い敷地で、神明神社と兄弟の、もみの木や、朴の木の大木に囲まれたゆったりした生活があるのだがな。。。という方、そうです!  交換しましょう待ってました! 好条件でお取り替え)

 

母屋:前横丁と蔵の間にある
この2つの木は、ここいら(この辺り周辺)でも会長級の重鎮です。

 
 
お話は
また後で・・・
 

2013年09月11日(水)

このーき なんのき きになるき

 

宿の隣、「みんなの炭焼き小屋」がある場所です。

この大きな木は、楢の木(どんぐり)です。

成長の早い木ですが、100年は経っています。

その左隣は山栗の木です。

日差しを受けようと、このような姿になったのでしょうね。

樹齢は、楢の木よりも古いんですよ。

むか~しから、ここにいた先住民(木々)達です。

ここに立って見上げると、今にもリスちゃん達が元気よく木を駆け上がる足音が聞こえてくる気がします。

当時生きていた鳥や、リスちゃん達からのギフトです。

命のリレーですね。

 
 
大毛蓼オオケタデ

色鮮やかに今年はしっかり咲きました。

「花は そこにあるから 美しい」
 

2013年09月07日(土)

季節の果実酒 特別編

 

屋敷内に自生している

「またたび」を摘み

果実酒にしました。

その味わいは・・・

実は

琥珀色の20年物を飲みながら

このブログを書いているのですが

他の一般的なレパートリーと比較して

やはり別格といえるでしょう。

あの、「スッ」とするまたたびの独特の香りは

20年経ってさらに気品高い芳香を放っています。

渋みもちょうど良く重なり

まさに

蔵やしきのお客様におすすめしたい逸品です。

20年前、みなさんは
何をなさっていましたか?

*木天蓼
初夏、梅に似た白い五弁花を開くマタタビ科のつる性落葉低木。
長楕円だえん形で先のとがった果実は塩漬けや果実酒用。
漢方では虫こぶのある果実を薬用にする。
ネコ類を酩酊めいてい状態に導くマタタビラクトンを含有する。

またたび

又旅

縁起物ですネ!
 

おすすめプラン

TOPに戻る